So-net無料ブログ作成

「チェンジリング」(クリント・イーストウッド監督作品) [映画(2009)]

以前なら「この監督の作品は必ず観よう」と思えた巨匠、名匠が大勢いたのだが、最近はそう思える監督が随分減ってしまった。クリント・イーストウッドはそんな中にあって数少ない内の一人である。それどころかクリント・イーストウッドだけは観逃せないくらいの強い思いがある。現代の映画界にあって、常に素晴らしい作品を送り続ける巨匠中の巨匠。そしてこの『チェンジリング』もそんな期待感を満たしてくれた素晴らしい作品であった。

イーストウッド監督作品は戦いの映画だと思える。以前は明確な敵のいる文字通りの戦いが多かったが、最近は生きること自体が戦いであるかのような描き方がなされている。敵は個人の平和を阻害する対象であり、主人公はそのために困難に立ち向かわなければならない。結末も安易なハッピーエンドにはならず、主人公は過酷な運命を受け入れなければならない。主人公が打ちのめされると同時に観客も打ちのめされて、エンドロールが終わってもなかなか席から立ち上がれない。新作の『チェンジリング』でも主人公のクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)はあまりにも過酷な運命と対峙しなくてはならない。観ているこちらも強い憤りと悲しみを共有しなくてはならない。

予告編を観ている人は失踪した息子と違う男の子を無理やりあてがわれたクリスティンの物語だということは分かっていると思うが、そこから本当の息子を探してほしいと主張するクリスティンと、このまま終わりにさせたい警察側との対立が始まり、クリスティンは一方的に精神病院に入れられてしまうという、個人対国家権力との戦いが始まる。無力なクリスティンに協力する牧師(ジョン・マルコヴィッチ)が唯一の希望だが、地獄のような絶望の淵に陥れられた彼女の姿は悲痛である。しかもこの物語は実話を基にしているのだから、当時のアメリカ国家がいかに荒んでいたのかが分かるし、今の時代にもこんなことはないのかという社会性も含んだ見事な作品になっている。

役者はみんな素晴らしい演技を見せてくれ、演出のイーストウッドは勿論、脚本、撮影、美術も素晴らしい仕事をしている。まさに一級品のこの作品。今年前半期では必見の一本である。

チェンジリングB.gif


nice!(13)  コメント(14)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 14

キキ

段平さん、こんにちは。
この事件、あとで調べてみたんですが映画で描かれる以上に悲惨な
誘拐事件だったようですね。
少年の失踪事件を発端にいろんな方向に展開していくストーリーに
引き込まれました。
期待したよりも更に素晴らしい作品でした。

by キキ (2009-03-22 09:48) 

丹下段平

キキさん、こんにちは。
そうですか、もっと悲惨だったのですか。映画でもかなり酷い事件でしたけど、もっととは言葉を失ってしまいますね。
by 丹下段平 (2009-03-22 11:58) 

U3

見に行きます!
by U3 (2009-03-22 17:15) 

丹下段平

ぜひ!
by 丹下段平 (2009-03-22 19:37) 

hash

こんばんは。
内容も然ることながら、1本の映画としての完成度が高い作品でしたね。
「グラン・トリノ」も楽しみです。
by hash (2009-03-22 22:56) 

丹下段平

こんなに短期間で次の作品が観られるとは。『グラントリノ』は久々にイーストウッド監督・主演作なので楽しみです。
by 丹下段平 (2009-03-23 01:40) 

クリス

こんばんは。
>以前は明確な敵のいる文字通りの戦いが多かったが、最近は生きること自体が戦いであるかのような描き方がなされている。

まったくその通りですね。敵が明確だったときの戦いも手に汗握って見守っていましたが、このように普遍的な幸せを脅かす相手(権力だったり社会だったり)に対しては、固唾をのんで観てしまいます。より身近なせいかもしれません。
by クリス (2009-03-23 19:24) 

丹下段平

クリスさん、こんばんは。
僕も以前のような明確な敵に対する映画も楽しんで観ていました。でも今から思えば決してスッキリとした終わり方ではなかったような気がします。その時から創り手としての個性がでていたのかもしれませんね。
by 丹下段平 (2009-03-23 21:14) 

コッスン

私もそう思います。グラントリノが楽しみです
by コッスン (2009-03-26 23:50) 

丹下段平

コッスンさん、こんばんは。
イーストウッド本人が出る『グラントリノ』、楽しみですね。自分が出ると無茶する老人の役になりますね。予告編だとライフル構えてましたね。
by 丹下段平 (2009-03-27 00:16) 

コッスン

予告篇で言ってる
映画史上最もやさしい衝撃のラスト
がすごく気になってるけど
期待しすぎるとガッカリするので期待しないでみたいです
by コッスン (2009-03-27 08:19) 

丹下段平

衝撃のラストとか言われちゃうと、最後に何かあるのかと気になってしまうので、あえてそんな宣伝文句は使ってほしくありませんね。
期待しないで、と言いたいところですが、イーストウッドなので期待してしまいます。
by 丹下段平 (2009-03-27 23:20) 

よーじっく

こんばんはぁ、(^^)/

内容とは別に、まさに、
「映画」に酔える作品でした。

なかなか、こういった本物の映画に
出会えないのが残念です。

でも、何を観てたんだ、と
言われそうですね。(^_^;)
by よーじっく (2009-10-13 22:41) 

丹下段平

僕もイーストウッド作品を観ると「映画を観たなぁ」って気持ちになります。じゃぁ映画らしさって何か、と問われると明確に答えられないのが弱いところです。
by 丹下段平 (2009-10-14 01:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。