So-net無料ブログ作成

「きみがぼくを見つけた日」 [映画(2009)]

タイムトラベルできたらどんなに楽しいかと考える。あの時代この時代のあの場所この場所にと、行ってみたい所はたくさんある。しかし、映画に描かれるタイムトラベラーは苦痛が多い割にはあまり幸せな運命を辿らないようだ。

この『きみがぼくを見つけた日』のタイムトラベラー・ヘンリー(エリック・バナ)は、いつタイムトラベルするのか分からず、どの時代に行くのかも運命任せでしかないため、一層大変な思いをする。おまけに時空を超えるのは肉体のみで、身に纏っていたものは残されてしまうため、着いた先では素っ裸。先ずは服を探さなければならない羽目になるのが悲劇である。行った先である程度の時間が過ぎると元いた時代・場所に戻って来られるのが不幸中の幸いなのだろうか。

この作品、冒頭で運命の女性・クレア(レイチェル・マクアダムス)にヘンリーが声を掛けられる場面から始まる。クレアは既にヘンリーに会っているのだが、ヘンリーはクレアとは初対面で何のことやら分からない。つまり後にタイムトラベルしたヘンリーが昔のクレアに出会っていたのだ。何となくこの場面がラストシーンになってもおかしくないように思えるのだが、結ばれた二人がどんな運命を辿るのかが、この映画の描かんとしたところ。こんな彼では当然普通の夫婦生活は送れない。タイムトラベルがあったからこそ素敵な出会いがあったのだが、結ばれてからはそれが平凡な幸せを阻む結果になっていく。

基本的にタイムトラベル物はジャンルとして好きなので、この『きみがぼくを見つけた日』も面白く観ることができた。いや、面白くと言ってはタイムトラベラー氏に申し訳ない気もするのだが、この先どうなってしまうのかと最後まで物語に引きつけられた。タイムトラベルすることの物語的な面白さよりも、そんな困難を夫婦になったヘンリーとクレアがどう対処していくのかが創り手の意図するところである。

それにしても、やっぱり一度でいいからタイムトラベルを体験してみたいもの。その時はぜひ…

せめて下着だけは着けたままで飛ばしてくれ~

きみがぼくを見つけた日.gif


nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 6

なぎ猫

またしても絵に笑いました。うまいですねー。
しかし、おじさんでよかったですね。女性だったら大変だなー。
by なぎ猫 (2009-11-15 23:15) 

丹下段平

なぎ猫さん、ありがとうございます。

おじさんは隠す所が一ヶ所なので、まだ救われてますね。
by 丹下段平 (2009-11-16 00:54) 

薔薇少女

コレ予告編で観ました!
タイムトラベルものは私も好きなので観たいなぁとは思いますが・・・
今回のイラストも、可愛いですね(笑)
>おじさんは隠す所が一ヶ所なので
もし、1箇所しか隠せなかったら、私は顔を隠します(あはは)
by 薔薇少女 (2009-11-16 19:47) 

丹下段平

薔薇少女さん、こんにちは。
隠すとしたら顔ですか。けっこう仮面みたいですね。
by 丹下段平 (2009-11-17 02:00) 

hash

>せめて下着だけは
子供の頃から何度も経験済みのヘンリーは落ち着いてましたね。^^
by hash (2009-11-19 00:49) 

丹下段平

hashさん、こんにちは。
やはり慣れるんでしょうか。どうせその内戻れるんだからと、余裕で窃盗してましたね。
by 丹下段平 (2009-11-19 08:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。